LANGUAGE/ENGLISH

らしさのCSR

わたしたちの「身の丈」に合ったCSRを考え、実践していきます。

CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)という言葉は、非常に大きな意味を持つとともに、企業として「あたり前」のことを表す言葉です。そして近年は「企業に社会貢献をしてほしい」というインプリケーションまでが含まれています。

わが国では2003年が「CSR元年」とされ、CSRという考え方が広まりました。そして2010年には国際標準化機構(ISO)から社会的責任(SR)に関する国際的なガイドラインであるISO26000が発行されました。

法律などの社会のルールを守り、働くパートナーとの良好な関係を築き、質の高いサービスを提供し、そしてクライアントの信頼を得る、このようなステークホルダーとのコミュニケーションの中で果たす責任、これは企業にとって「あたり前」のことです。

わたしたちは「らしさ」を大事にするからこそ、この「あたり前」の責任を果たしつつ、わたしたちの「身の丈」に合った、オリジナルのCSR、社会にプラスの影響を与えるCSRに取り組んでゆきたいと思います。

わたしたちはウェブ制作会社です。あたり前の責任を果たしつつ、わたしたちの「身の丈」にあった社会貢献的なCSRを果たすとすれば、それはウェブを通じたものになります。それが地域ポータルサイト事業である「ホームタウン吉祥寺」であり、CSR情報発信事業である「CSRジャーナル」です。

前者は、わたしたちが吉祥寺という町に育てられたことの恩返しを、ビジネスの中でどのように取り組めばよいかという、わたしたちの答えであり、後者はウェブ制作という、BtoBなビジネスであり、クライアントのCSRニーズを充足する立場としての、わたしたちの答えです。わたしたちの「身の丈」に合った、らしさのCSRは、これからも続きます。

フブキのCSRへの取り組み
ホームタウン吉祥寺

地域ポータルサイト事業 「ホームタウン吉祥寺
吉祥寺以外のエリアのサイトも、増やしながら運営中。

CSRジャーナルイベントの様子

CSR情報活用サイト 「CSRジャーナル
写真は不定期で行われるCSRジャーナルイベントの様子

らしさのステークホルダーマップ

わたしたちは「身の丈」に合った、らしさのCSRに取り組むための見取り図を描き、これに基づいてCSRを実践してゆきます。
フブキのステークホルダーマップは、よく見かけるの1つの放射状の関係図ではなく、2つの放射状の関係図から成り立っています。それはわたしたちのCSRが、わたしたちだけで果たせるものではなく、常にクライアントなどのステークホルダーのCSRニーズにこたえることで果たされるものだと考えているからです。

クライアントもわたしたちと同じく、常に他のステークホルダーからCSRへの取り組みを期待されており、クライアントのウェブのあり方一つとっても、同じことが言えます。このステークホルダーマップは、フブキだけのステークホルダーとの関係を表したものではありません。[クライアントのCSRニーズを充足する=フブキのCSRの取り組み]という、「クライアントとフブキのCSR戦略」を表したものでもあります。これがわたしたちの「らしさのステークホルダーマップ」です。

クライアントのCSRニーズの充足 フブキのCSRの実践

contact

フブキオフィシャルサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。 弊社では法人様個人様問わず広くご相談にお答えしたいと思っています。 悩みは明確だが、なにをしたらいいのか漠然としている方もぜひご連絡ください。 先ずはお気軽にお問い合わせを。

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ